トップ  >  生活  >  紫外線に気をつけろ!
紫外線 日焼け止め

紫外線に気をつけろ!

■紫外線とは紫外線=UV(Ultraviolet ray)
紫外線は、A波・B波・C波に分類されます。
このうちA波・B波が地表に届いています。

■紫外線A波・B波とは?
【紫外線A波】
「生活紫外線」ともいわれ窓ガラスも透過し、肌の奥まで届き、コラーゲンを壊し、シワ・たるみなどを起こす原因となる紫外線です。
【紫外線B波】
「レジャー紫外線」ともいわれ、屋外での日焼けの大きな原因。シミ(色素沈着)の原因になる紫外線です。

■紫外線が及ぼす影響
皮膚がん/シミ/ソバカス/シワ/白内障
※シミ・シワといった肌老化の兆候の8割は紫外線が原因で起こるといわれています。紫外線を浴び続けると、シミになるばかりではなく、細胞内の遺伝子(DNA)を傷つけ、皮膚がんを発生させる恐れもあります。

■紫外線が強い季節は?
岡山県環境保健センター調べ(下記データ)によると、3月から急激に紫外線が強くなり、夏(7〜8月)をピークとし、9月ごろから下がりはじめています。(岡山県環境保健センター


■環境省が推奨している紫外線対策は?
紫外線の強い時間帯を避ける
日陰を利用する
日傘を使う、帽子をかぶる
衣服で覆う
サングラスをかける
日焼け止めを使う

■紫外線防止には、日焼け止めクリームが有効
紫外線の強い時間帯を避けても、日陰にいても、紫外線は降り注いでいます。また、日陰・帽子・サングラス・長袖・手袋で紫外線を防いでも、アスファルトで10%、水面で20%程度の反射があります。夏の暑い日に色々と身につけるのも大変です。だからこそ、日陰・帽子・衣服・手袋のかわりになってくれる日焼け止めクリームは有効な手段です。

日焼け止めの知識

■日焼け止めに表示されている「SPF」と「PA」
日焼け止めを手に取ると必ずといっていいほど「SPF」「PA」の表示があります。

【SPF(=Sun Protection Factor)】
シミ・ソバカスの原因である紫外線B波を防止する目安
数値が大きければ大きいほど、効果の持続時間が長いのです。
目安:1=20分/35の場合700分(11時間) *最高50まで

【PA(=Protection Grade of UVA)】
シワ・肌老化の原因である紫外線A波を防止する目安
PA+   =効果がある
PA++  =かなり効果がある
PA+++ =非常に効果がある

■「散乱剤」と「吸収剤」の違い
日焼け止めには液状・クリーム・乳液・スプレー・シートタイプなどの種類があります。どの種類にも紫外線防止剤が配合されています。紫外線防止剤には「散乱剤」と「吸収剤」があります。

【紫外線散乱剤】
散乱剤は目に見えないほど小さな粉で、紫外線を乱反射させて皮膚まで届かないようにする方法。つまり、鏡のように表面で紫外線をはね返すので、皮膚に直接影響を及ぼすことがありません。

【紫外線吸収剤】
吸収剤は肌に届いた紫外線を受け止め、紫外線を熱などに変化させます。皮膚の上で化学変化を起こさせることから、お肌が敏感な方は皮膚刺激などの影響を受ける場合があります。

紫外線吸収剤は白くなりにくいというすぐれた特徴を持っている反面、まれにアレルギー反応を起こす人がいます。一方、紫外線散乱剤は白くなるものがあります、アレルギーをおこすことはほとんどありません。子ども用として売られているものや、肌の敏感な方用の日焼け止めに使用されています。「紫外線吸収剤無配合」「紫外線吸収剤フリー」「ノンケミカルサンスクリーン」という表示がされています。
投票数:98 平均点:5.92
カテゴリートップ
生活
次
福山市図書館の新着本、人気本、CD、DVDをカンタンに予約

pick up ! 地域情報(最新7件)
お役立ち情報(最新5件)
福山・備後のイベント
掲載中の案内はありません