トップ  >  生活  >  羽毛ふとんを詳しく知って、かしこくお買い物。

羽毛ふとんを詳しく知って、かしこくお買い物。

軽くて、温かい羽毛ふとんは冬には欠かせない寝具になりました。でも、いざ買おう思っても商品によって、お店によって値段の差が大きくて「どこで買ったらいいか分からない」「どれを買ったらいいか分からない」ということはありませんか?
知識をつけてかしこくお買い物をしましょう!

基礎知識
羽毛ふとんに使われている羽毛は、ダース(ガチョウ)やダック(アヒル)といった水鳥のものです。陸鳥は羽毛の原料になりません。水鳥たちは、主に寒冷地に育ち、その羽毛には厳しい自然環境を生き抜く機能が備わっています。

羽毛はその形状から、ダウンとフェザーの2種類に分けられます。
ダウンは主に水鳥の胸から腹部に生える「タンポポのわた毛状の羽毛」で、いわば鳥の肌着にあたるものです。空気の取り込みが大きく、かさ高性に優れています。非常に軽いのも特徴です。一羽の水鳥から約30g〜50g採取されます。放射線状のダウンボールを形成しているので、羽毛同士が重なり合うことがありません。主に掛けふとんに使われます。

フェザーは一般的に「羽根」と呼ばれ、湾曲した羽軸をもち弾力性があり、鳥の上着と考えれば分かりやすいと思います。フェザーの中でも全長6.5cm以下の小さなフェザーをスモールフェザーと言い、それ以上の大きなフェザーをラージフェザーと言います。
羽毛ふとんにはこのダウンとフェザーが使われます。
ダウンが50%以上含まれたものを「羽毛ふとん」、フェザーが50%以上含まれたものを「羽根ふとん」と区別しています。


羽毛の種類
ダウンスモールフェザーフェザー
水鳥の胸部に密生し、羽軸がなくフワフワとしたタンポポの種子のわた毛のような形をしている羽毛で、ダウンボールと呼ばれる。腹部などに生えている少しカーブした羽軸をもつ羽毛。羽根全体が柔らかいので羽毛ふとんに使われる。ダウンと混合され弾力性を発揮する翼の部分に生えている羽軸を持った羽毛。一般的には羽毛掛けふとんには使われない。敷きふとんや枕の詰めものに使われる。


ここを見て! 3+1
,さ高性 ダウンパワー
∪蕎度 透視性
Bγ
+1.キルト

,さ高性 ダウンパワー
ダウンパワーの数値が大きいほど空気を多く含むことができるので、保温性に優れた羽毛だと考えられます。
小さなダウンやコシのないひ弱なダウンですと、押しつぶされてどんどん低くなってしまいますが、弾力のある良質なダウンであれば、膨らみを保てることになります。同じ重量でもダウンパワーが大きいと体積が変わります。
*組成混合率
ダウンとスモールフェザーの混率を表すもので、一般的にダウン混合率が高ければ高いほど値段が高くなり高品質と言われています。しかし混合率は羽毛ふとんを選ぶ際の一つの基準になりますが、ダウン混合率が高いからといって、一般的に良い羽毛ふとんとは言えず、一つの目安と考えて下さい。あくまで大切なのはかさ高性です。


∪蕎度 透視度
洗浄が不足するとホコリやニオイの原因になりますので、どれだけきれいな羽毛を使用しているかを表すものです。
羽毛を洗浄した残液の透明度で測定し、数字が大きい程きれいに洗浄しているということで清浄度は高くなります。
日本羽毛寝具製造業協同組合の定めた基準値は500mm以上となっています。

Bγ
素材は綿100%が主流で、より細い糸で織られた目の細かいものほど柔らかく、肌触りが良くなります。側地の密度は「打込本数」で表します。打込本数とは、1インチ(2.54cm)四方の縦糸と横糸の合計数のことで、羽毛ふとんの側地の最低打込本数は230本となります。
一般的に、表地と裏地の品質を変えているものが多く見られ、表地の表示しかしていない場合もあります。
側地の柔らかさは保温性にも関係しており、柔らかで肌にしっとりと馴染むということは、触れる面積が増えて肌に密着するので、多少の寝返りでも身体から離れにくくなり、保温性が良くなります。また、柔らかい側地は、羽毛ふとんの気になるガサガサ音も軽減します。

+1.キルト
羽毛ふとんの特徴であるボリューム感とフィット感を最大限に活かすために、上下のふとん側地をマチテープを使い立体的なマス目を作っています。これにより、羽毛の片寄りを防ぎ、羽毛が空気をたくさん含むことができるようになり、保温性も高まります。
キルトには一般的な「立体キルト」の他に、特殊なキルトがあります。

ゴールドラベル
経済産業省の指導のもと羽毛ふとんの業界統一基準を制定し、品質向上を推進している業界団体である日本羽毛製品協同組合は、品質基準に合格した羽毛ふとんに「ゴールドラベル」を付け、グレード別にして4段階で表示をしています。
品質基準には、.瀬Ε鵐僖錙次↓透視度、Bγ呂梁召法∋請之弯堯扮毛の残留有機物量を測定する試験で、羽毛の洗浄状態をみる指標)を設定しています。
プレミアムゴールドラベル:440dp以上(かさ高180mm以上)
ロイヤルゴールドラベル:400dp以上(かさ高165mm以上)
エクセルゴールドラベル:350dp以上(かさ高145mm以上)
ニューゴールドラベル:300dp以上(かさ高120mm以上)
投票数:32 平均点:5.94
前
冬の暖かシャツを徹底比較
カテゴリートップ
生活
次
羽毛ふとんの取り扱いによくある疑問を解決!

pick up ! 地域情報(最新7件)
お役立ち情報(最新5件)
福山・備後のイベント
掲載中の案内はありません