トップ  >  備後人の力で日本を守ろう  >  土用の丑の日は鰻を食べる。

土用の丑の日は鰻を食べる。

古きよき時代の習わし・風習を後世に伝える
土用の丑の日は鰻を食べる。

土用の丑の日とは?
土用の丑の日(どようのうしのひ)は、土用の間で日の十二支が丑である日のこと。
土用の間に丑の日が2回ある場合があり、2回目を二の丑という。 一般には土用の丑の日といえば夏を指すが、土用は春、夏、秋、冬の年4回あり、土用の丑の日は年に数回ある。

土用とは?
暦における雑節の一つ。五行思想(五行思想では、春に木気、夏に火気、秋に金気、冬に水気を割り当てている。残った土気は季節の変わり目に割り当てられ、これを「土旺用事」、「土用」と呼んだ。)に基づく季節の分類の一つで、各季節の終わりの約18日間のことである。一般的には、夏の土用を指すことが多い。

鰻を食べる由来
鰻を食べる習慣についての由来には諸説あり、讃岐国出身の平賀源内が発案したという説が最もよく知られている。これは文政5年(1822年)の、当時の話題を集めた『明和誌』(青山白峰著)に収められている。

それによると、商売がうまく行かない鰻屋が、夏に売れない鰻を何とか売るため源内の所に相談に行った。源内は、「丑の日に『う』の字が附く物を食べると夏負けしない」という民間伝承からヒントを得て、「本日丑の日」と書いて店先に貼ることを勧めた。すると、物知りとして有名な源内の言うことならということで、その鰻屋は大変繁盛した。その後、他の鰻屋もそれを真似るようになり、土用の丑の日に鰻を食べる風習が定着したという。

その他、いくつかの説がある。


[参考]ウィキペディア
投票数:61 平均点:5.25
前
節分の日は何をするの?
カテゴリートップ
備後人の力で日本を守ろう
次
七五三